お祭りへかける、まーちゃんうーぽーの思い

◆まーちゃんのお祭りへ向けて魂のメッセージ

◆琉球から伝えたい思いを込めた歌『琉球の風』

『風人(かじぴとぅ)』=自然とともに生きる人(思い やりを持って生きる人)

 「かじぴとぅ」は西表島方言の発音。

人・自然・文化がつながっている、本来の人の生き方を取り戻す言霊。

今 人は自然と共に生きることを 忘れかけている

“風”は目には見えません

でも 風がなければ 雲は流れず 雨はふらない

花は咲くことができず やがて生命(いのち)は かれてゆくでしょう

人の社会にも 目には見えない“風”があります

そう『思い』です

人は今 あふれる物にうもれ

本当に大切なことを 忘れてはいないでしょうか

もう 自然を壊すのは やめましょう

たとえ小さくても

ひとつ ひとつの 生命や思いを大切に

仲良く生きてゆきましょう

花の咲く大地に 生まれてよかった

鳥のなくこの地球(ほし)に 生まれてよかった

人と人は 思いでつながり 人と自然は 風でつながる

今 ここに 風人の輪が 広がってゆくことを 信じて

みーはいゆー(ありがとう)

 

1999年 南ぬ風人まーちゃん